私は3枚クレジットカードを持っていました。そのうち2枚はビデオレンタルなどの会員のカードにクレジット機能がついていたり、また持っていたカードをクレジット機能つきに変更するとメリットがあるというパターンで作りました。セゾンカードだけは非常に分かりやすいメリットだったので単独でクレジットカードとして作りました。その分かりやすさはまず年会費無料ということでした。ほかの2枚も年会費無料でしたが、数年使っていると2年限定であったり、また期限がなかったものでも次の切り替えで年会費が発生するという連絡があったりして結局、年会費が必要になりました。長年使っていても一貫して年会費無料なのがセゾンカードなので現在でもメインのクレジットカードとして利用しています。またポイントも永久不滅ポイントというのもが魅力的です。これも他のカードだとポイントは期限があります。しかもどういった特典にポイント還元できるのかあまり宣伝もないですし、よくわかりません。その点セゾンカードは比較的よく、どういったポイント還元があるのかを知らせてくれます。カードを使ってもらうための販促でもありますがこまめにどういったものとポイントが交換できるのかわかりやすいとメインのカードとしてポイントを貯めようという気持ちにもなります。そのポイントをここ数年で支払いに現金として回せるサービスもできて具体的にお金になるほうがいいと思っていたので最近では貯まったポイントはカードの支払いに回すようにしています。


今や日本は世界有数のクレジットカード大国です。
その大国ぶりは、定期収入が無い学生でも自分名義のクレジットカードを持てる事からもうかがい知れます。
また、カード払いが可能なお店も増えてきており、例えば、それまではカード払いが出来なかったコンビニやファミリーレストラン等でもカード払いが可能になって来たりしています。
さてこんな状況において、当然の事ながら私自身も何かとクレジットカードを利用する機会があります。
他の多くの方同様、私も複数枚のクレジットカードを持っているのですが、しかしメインに使っているカードは1枚のみとなっており、以下ではそのカード、楽天カードについて述べたいと思います。
楽天カードはご存じの通り、日本のインターネット通販大手の楽天のクレジットカードです。
支払い金額100円ごとに楽天市場で使える楽天ポイントが1ポイントたまるのですが、気が付いたらこのポイントが結構たまっていたと言うのが多いです。
貯まった楽天ポイントは、ビジネスシューズをお得に購入したり、あるいは本を楽天ポイントだけで購入したりと言う使い方をしています。
また、これ以外にも、例えば最近何かと話題になる英語検定試験、TOEICの受験料の支払いに使ったり、あるいはTOHOシネマズでの映画観賞の支払いに用いたりと、このポイントには色々な使い道があるので、段々と実質現金と同じになって来ている感じです。
つまり、楽天カードはほぼ現金還元をしてくれるカードと言えるのではないでしょうか。
他に楽天ポイントの様に色々な使い方が出来るポイントは少ない為、これが貯まる楽天カードは一番のお勧めカードです。


私はいろいろな場面でクレジットカードを利用していますので、たいていは3枚から4枚のクレジットカードを利用しています。
その中でもメインで利用しているのがREXカードです。
メインで使用する理由はポイント還元率が高いということにつきます。このカードのポイント還元率は基本的には1.75%もあるので、その分は自動的に節約しているのと同じことであります。もちろんポイント還元率だけをみると他のクレジットカードの方が高いものもないではありませんが、そのクレジットカードの年会費が高いものであったり、貯まったポイントの使い道が非常に限定されている場合などで使い勝手が悪かったりすることなどを考慮に入れています。
今現在では年会費が無料のクレジットカードの平均的なポイント還元率は1%くらいであることを考えるとREXカードの破格であると言えます。
ただし、これには条件があり、このREXカードは年会費が通常は必要であるのですが、年間50万円以上の利用をすると何と年会費が無料になるという特典があるのです。簡単にいえば月に5万円程度のクレジット利用があれば年会費無料でこのポイント還元率を頂けるということに他なりません。逆に考えればそのくらいは使うということです。
これからどんな好条件のクレジットカードが発行されるかはわからないのですが、今のところはポイント還元率を考えると当分は私のメインで使用するクレジットカードはREXカードに決まりと言うことです。